中央環境理研株式会社
山梨県南アルプス市小笠原6

TEL:055−283−6155
トランス油におけるPCB測定
HOME > 業務案内 >トランス油におけるPCB測定


PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法に伴う分析

長年に渡り、処分されていないポリ塩化ビフェニル廃棄物(PCB廃棄物)に対し、
2001年7月15日に「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」 ( PCB特別措置法 )が施行されました。
これにより、PCB廃棄物を保管している事業者は毎年度PCB廃棄物の保管、処分の状況を届け出ると 共に2016年7月15日までに処分もしくは、処分委託をする事が義務付けられました。

みなさんの事業所に眠っている(保管)PCB廃棄物はありませんか??


例えば・・・
絶縁油( PCB )が使われている機器として
  • 高圧トランス( 発電所の変圧器、工場やビルの受電設備など )
  • 高圧コンデンサ( 送電線 )
  • 低圧トランス、低圧コンデンサ( 蛍光灯の安定器など )
  • 柱上トランス( 配電用 )
  • 昔のテレビ( ブラウン管 )
などがあります。

これら機器を廃棄処分される際にまずはPCBの有無を確認する必要があります。
油中のPCB濃度が0.5 mg/kgを越える場合、PCB廃棄物として取り扱われます。
当社では油中のPCB濃度が0.5 mg/kgを越えるものか否か濃度測定を効率的に行い、
短納期で正確なデータを出すことが可能となっております。

納期について
料金・納期等、詳しいお問い合わせはメール又はお電話にてお願いいたします。
納期・料金等のご相談は
お気軽にお問合せください!


お問い合せ番号:055-283-6155
お問い合せフォーム: こちら    
 
 △ページトップへ

Copyright (C) 2009 ChuouKankyouRiken.CO.,LTD. All Rights Reserved.